表面加工の依頼方法


結婚指輪に表面加工をしてほしいという場合、これはすべてのお店で必ず行ってくれるものではありません。そこで加工をすることが可能なお店であるのかということを確認するようにしましょう。お店によってはディスプレイされている商品がすでに加工された状態で販売されているということもあります。そのため、オーダーして加工をするのか、はたまた加工がされた状態のものを購入するのでも問題ないのかということも話し合いましょう

結婚指輪のオーダー
出典元 〈結婚指輪(マリッジリング)フェア情報|ガラ おかちまち 御徒町・銀座・新宿・横浜元町・大阪心斎橋・梅田・京都,神戸のブライダルジュエリー・ダイヤモンド〉

まっさらな指輪に加工をしてもらう場合とすでにできている場合とでは納期や価格といったものも違いますが、何よりも仕上がりが違ってきます。すでにできあがっているもので満足できれば問題ないのですが、それよりも凹凸を少なめにしてほしいとか、加工を部分的にしてほしいとか、といった細かなリクエストも受けてもらうことができます

そして何よりも自分たちがオーダーして好みのデザインにしてもらったということも既製品にはない特徴です。しかし、自分たちの希望を伝えて加工をする場合、既製品を購入するよりも割高となってしまったり納期が遅くなってしまったりするケースもあります。そこで依頼をする際にはその点は注意をしておきましょう。

槌目以外の加工


槌目以外の加工方法として、まずはバーナーで加工をするという方法があります。例えば、ダイヤバーナーというのは表面を細かいダイヤモンドが付いている工具を回転させて削っていき、最後にバーナーであぶるという工程です。槌目のように表面に凹凸ができるのですが、オレンジの皮のようなクレーター型の加工に仕上がります。

バーナー同じバーナーでの加工でも、カッターバーナーだと仕上がりの表情が違います。カッターバーナーはカッターポイントと呼ばれる工具を回転させて削り最後にバーナーであぶるという工程です。仕上がりとしてアボガドの皮のような凹凸となり、凹凸も大きく特徴的です。こういったバーナーを使っての加工というのはかなり指輪に表情が付くため全体に加工をするのではなく一部分に加工をするという人もいます。

他にも艶消し作業をして指輪の表情を作るという人もいます。艶消しも方法がいくつかあり、粗目の艶消しをすることもできますし、つるつるの曇りガラスのような仕上がりにすることもできます。同じような指輪でもこのような加工を加えるだけで大幅に見た目の印象を変えることができます。同じ加工でも印象を変えることができるので世界に一つだけの指輪が作れます。

表面加工の槌目


結婚指輪の表面加工にはいろいろなものがあります。そこで、オリジナリティのあるものを作りたいと考えたら、まずはいろいろな加工方法を確認して自分たちがつけたいデザインを見つけていきましょう。

加工よく見る加工の一つに槌目というものがあります。これは金づちで叩いて表面に加工をしていくものです。たとえば、槌目・平というものは指輪の表面を平たい金づちで叩いていくものです。叩くことで表面に凹凸ができて面が増えて光が反射しやすくなります。表面の叩き加減でいろいろな表情になるところも魅力です。同じ槌目でも表面が丸い金づちで叩くと凹凸が緩やかになるので少し落ち着いた印象にできます。

槌目でもオリジナリティを出したいという場合には横という横長の金づちで叩いていくという方法もあります。樹木のような表情になりオトナな印象のものに仕上がっていきます。このように槌目をつけていくのにも使っている金づちによって表情が変わります。土台となる金属の材質や色によっても仕上がり加減は違ってくるので、見本を見てどのような加工にしたいのか、そして槌目はどのくらいの数をつけるのか、強さはどのくらいなのか、といったことをリクエストして最終的な加工を決めていきましょう。次は、槌目以外の加工について説明します。

表面加工の結婚指輪


結婚指輪結婚指輪というのは本来は石が埋め込まれていたりアレンジがされていなかったりとシンプルなものです。これは男性も身につけるためであったり、長く身につけるために高齢になっても違和感なく身につけられるようにであったり、生活で邪魔にならないように石のついていないものであったりといった理由があります。

しかし、最近では結婚指輪もオリジナリティを求める人が増えています。結婚式でもそうですが、ほかの人とは違う自分たちらしさを随所で表現したい、人とは違うものを身につけたいという考えを持っている人が増えているのです。そのため、結婚指輪についても定番のスタイルではないものを身につけたいということを考える人がこのような装飾のされている指輪の購入を検討しています。

結婚指輪はシンプルなものでなければならないという決まりはありません。人によっては指輪の表面につるつるの加工をしていたり、艶消し加工をしていたり、文字を刻印していたりします。結婚指輪自体は円い形に意味があるもので、表面加工については明確なルールはないのです。

やはり、結婚指輪というのは一生に一度のものですから後悔することなく一生身につけたいと思えるものを購入したいものです。そこで、人とは違うものを身につけたいとかオリジナリティのあるものにしたいとかということを考える人も多く、そういったデザインのあるものを購入する人が増えており、指輪店やブランドショップでもそういったタイプのものが増えています。

2018年7月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の投稿

Top